<経済速報>
・参院選の開票ミスで函館市が謝罪
・高市大臣 天皇陛下の公務負担 緩和検討を
・政府 仲裁裁判 判断の受け入れ促す方針
・任天堂株価が急騰 3万円突破
・ジカ熱 性交渉で女性から男性に感染か 初の報告
・外相が駐日仏大使と会談 テロ対策強化に協力で一致
・首相 秋の臨時国会でTPP承認目指す考え
・首相 ASEM終え帰国の途に
・元葉山町議失職の議決 神奈川県が取り消す決定

みなさんは貯金をしたことがありますか?今まさに貯金を頑張っているという人も多いと思います。どんな形の貯蓄方法であれ、少なくとも今までに一度も経験が無い、という人はほとんどいないのではないでしょうか。

貯蓄をしようと日々頑張っているけれど、思うようにお金が貯まっていかないとイライラしてしまいますよね。

このサイトでは、誰でも簡単にできる貯金術についてご紹介します。あまりハードルが高い貯蓄方法だと長続きしませんし、かといってただ漫然と貯金をしているだけではやるきが出ない…お金の貯め方とはなかなか奥の深いものなのです。

ここでご紹介する貯金の方法は、とてもシンプルで、かつどんな人でも自然に貯蓄が出来る方法ばかりです。みなさんの貯金生活がもっと楽しくなるように、参考にして欲しいと思います。

貯金のコツとは?

お金を貯める 詳しいお金の貯め方をご紹介する前に、貯金のコツについて少しご説明します。

貯金をする際には、「目的と目標金額をはっきりさせる」ことが最大のコツです。

なぜ貯蓄をしたいのでしょう?お金を貯めて海外旅行に行きたい、おいしいものを食べたい、新しい車を買いたい…目的はなんでもいいのです。目的をはっきりさせることで、貯金に対する意欲がぐぐっと沸いてくるはずです。

そして、その目的のためにはどのくらい貯金したらいいのか、具体的な金額も決めましょう。ただ金額を決めずにお金を貯めていくよりも、ますます貯金が楽しくなり、目標金額に達成できるように努力するようになるはずです。

今まで漠然と貯蓄をしていた人は、早速貯金の目的と目標金額を考えてみましょう。 最初はあまり高い目標を設定せず、達成できそうな目標を立ててみるのがいいかもしれません。 最初から高い目標を立ててしまうと長続きせずに3日坊主で終わってしまう原因となりかねません。 最初は小さな目標を立ててそれを達成できたならより高い目標金額と期間を設定しましょう。

初めのうちはお金をコツコツ貯めることはつまらないと思うかもしれませんが、貯金を続けているうちに徐々にお金を貯めるのが楽しくなってくるはずです。 そうなればしめたものです。 貯金をする習慣が身に付ければ、家計費の節約にもつながりますからね。

目的と目標金額は決まりましたか?それでは、貯金箱を使って今日から貯金を始めましょう!!

お金がお金を生む

お金には特別な効果があります。 それは、銀行などの金融機関に預けておくと、利息が付いて増えていくという事です。 元本+利息に対して毎年利子が支払われる複利が一般的なので、預ける期間が長いほどより多くお金は増えます。

物価が上昇傾向にあるインフレ時代だと、銀行利息以上に物の値段が上がるので、銀行などの金融機関の利息は魅力的とは言えないのですが、今は物の価値が下がるデフレ下にあるので低金利でも銀行の利息は魅力があります。

そのため、ある程度お金を貯めることができたなら、そのお金は自宅でタンス預金をするのではなく銀行などに預ける様にしましょう。 そうすれば、お金がお金を生み出してくれるのでよりお金が貯まりやすくなります。

また、この真逆のことも言えて、銀行などでお金を借りると、貸付金利があるので、借金が増えていくことになります。 だから、安易にお金を借りることを考えない様にしなくてはなりません。 緊急でどうしても必要なお金であれば、借りるのも仕方ありませんが、その場合でも最低額として、借入れ後はできるだけ早期に完済する様にしなければなりません。 そうしないと、時間経過とともに借金が増えていくことになります。