<経済速報>
・柔道 リオ五輪女子 金メダルの田知本 現役続行
・新たに就職する保育士に5万円分の商品券 東京・杉並区
・完成直前マンションに「高さ制限違反」 建築確認を取り消す判決
・蓮舫代表 専門家の人選に疑問 国会で早急に議論を
・ASKA容疑者の携帯電話も押収 交友関係など捜査
・大相撲九州場所千秋楽 平幕の英乃海が休場
・鳥インフルエンザ 新潟 関川村は2日にも処分終了へ
・遺体は36歳の会社員の男性と確認 長野 南牧村
・水道メーターの検針ミス 発覚防ぐため無断で放水 岡山

ここではカレンダー貯金の方法についてご紹介します。

1日1円からスタートするカレンダー貯金

豚の貯金箱 初日は1円、次の日は2円、3日目は3円…と徐々に金額を1円ずつ増やしていく貯金の方法です。1年間貯金をしていくと、1年後の365日目にはその日の分として365円を貯金することになります。最高額が365円の貯金なら、続けられそうな気がしませんか?

1年間毎日貯金をしていくと、最終的にはなんと66,795円貯まることになります。

ポイントは毎日忘れずに貯金することです。忘れちゃった分は後で貯金すればいい…なんて考えていると、後で面倒なことになります。毎日カレンダーに貯金した金額を書き込むように習慣づけていくと良いでしょう。

理想としては1月1日からスタートすると、12月31日に終了することになり分かりやすいですが、いつから始めなくてはならないという決まりはありません。今日から初めて、1年後の同じ日まで根気よく続ければいいのです。

ランダムに貯金する方法

カレンダー貯金では毎日決まった金額を入れなくてはならないので面倒だ…そう考える人は、1円から365円までをランダムに貯金する方法はどうでしょうか?

この場合はカレンダーではなく、自分でまず1から365までの数字を書いた表を用意します。そして、その日に財布に残った小銭を入れていきます。金額は最大でも365円。例えば63円小銭があったなら、63円を貯金箱に入れ、「63」の数字を塗りつぶします。240円なら「240」の数字を塗る…これを繰り返していくと、だんだん表が埋まっていくはずです。

少し柔軟に考えて、300円あったら100と200の数字を埋めてもいいことにすると、楽に貯金を続けることができます。表が全部埋まったときがゴールです。

【お金に関するコラム】
普段からお金を貯める習慣を付けておけば、お金を借りる必要はありませんが、お金が入り用なのにないという場合には、借りるしか方法はありません。 でも、身近な知人や友人からお金を借りた場合は、その後の関係がぎくしゃくしてしまう可能性があります。 そうならないためにも、もしお金を借りなければならない場合には、即日融資可能な金融機関で借りることをお勧めします。 金融機関で借入をするとなると身構えてしまう方がいるかもしれませんが、それほど敷居は高くありません。 バイトでも良いので毎月安定収入があれば、金融機関からお金を借りることは可能です。